ALL JAPAN LOCAL EXPRESS☆彡遠州灘観光

My Zil Nobleで旅をしています(^^)v

冷蔵庫の温度計が逝きました。

イメージ 1

冷蔵庫の上に水槽用温度計を流用して庫内温度計として、2つ設置しています。
左側の温度計は冷凍用として、約7年前からキャンピングバスの頃から問題なく使っています。
右側のは、冷蔵用として去年ホムセンの熱帯魚コーナーで買ったもので、先々週に逝ってしまいました。
ボタン電池式なので、最初は電池切れかな?と思い、電池交換してもパネル表示せず。
そこで、ネットで左側の全く同じ水温計をポチッとしましたので、交換します。

イメージ 2

イメージ 3

単4電池式でボタン電池式より約1年位、長持ちします。
稼動範囲、-30℃~70℃

イメージ 4

交換完了。
形が統一なり、さっぱり!(笑)
気が付いたけど、左側の温度計は熱帯魚水槽メーカーの日本動物薬品株式会社の白い丸マークが入っています。
交換したばかりの温度計には社名マークが入っていません。
製造元が同一でOME製品だそうです。
この温度計、予備用として2つストックしました。